少し早いですが!

少し早いですが!

今年も残り少なくなりました。今日はNHKニューイヤーのリハーサル!今は休憩時間です。(NHKの仕事は待ち時間が長くて…)

さて今月12月は(も)とても充実した時間を過ごさせていただきました。今年は初めての経験として、年末恒例のベートーベンの‘第九’を一度も吹きませんでした。ザ・フルートのエッセイには、いかにも「たくさん演奏したっ!」みたいに書いたけどね…。

今年の自分を振り返ってみて、新しいトピックスは「ナホックの製作に携わった事」。まずこれが目新しいところかなぁ。ナホックはおかげさまでフルートケースカバーを中心に500個を販売!皆さんありがとうございました。これからも新しいラインナップを発表していきますので、よろしくお願いいたします!
演奏面では相変わらずかなぁ。個人的には台湾がハードで大変だったけど、とても充実した時間を過ごす事ができました。たくさんの新しい出会いもあったしね!そういえば台湾から帰ってからフルートの調子(楽器じゃなくて演奏の)がよくて、とても嬉しいです。台湾でストレスや心の洗濯してきたんだろうなぁと思われます。台湾よ…ありがとう!

変わり種ではジャズ(モドキ)のコンサートを木村奈保子さんとやらせてもらったり。
まだまだたくさんのコンサートをやらせて頂きました!
栃吹とは木村奈保子さんとの映画音楽のコンサート、そして‘オリエント・エクスプレス出発進行’。こちらは関沢圭司さんとの共演!皆さんからは暖かい拍手をたくさん頂戴いたしました!オリエント・エクスプレスの方は再演の問い合わせまであったりと、本当に嬉しいですっ!
皆さんの一年はいかがでしたか?
きっと皆さんの一年も、充実した素晴らしい一年であった事と思います。来年も皆さんにとって素晴らしい一年でありますように、心から祈っております。
少し早いですが、今年一年ありがとうございました!来年もまた、よろしく!(写真は恒例の12月23日の浅倉大介さんのクリスマスディナーショー終了後)

2006年12月27日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 :

台湾旅行 その2

台湾旅行その2

この2、3日でぐっと寒くなったような。今日はNHKの収録で渋谷なんだけど、黄色く色づいた銀杏が、今年最後の姿を見せています。
さて今回も台湾の話の続きを、お話ししましょう。

今回の台湾、中三日で五回のコンサート(三プログラム)と学生のレッスン、学校の近くの中学校のオーケストラの指導をしてきました。中三日でこれだけのスケジュールをこなすのはかなりハード!でも逆に言えば、とても充実した時間を過ごす事が出来ました!
ウンウン。
まずは着いたらすぐに学校に行って挨拶、その後すぐに台北に行き共演者との合わせ(同行の野平さんは、観光!)。夜中にホテルに着き翌日は朝の10時からコンサート!昼食後に4人レッスン、楊梅に移動してゲネそして本番…。と、このまま続けたら読むのも大変な事になるから、行動記録はこの辺にしましょう。
コンサートだけど、コンチェルト以外のものは全て、僕が話をしながらのものでした。はい、もちろん日本語ですよ!
いつものような話の内容をしたんだけど、楊さんのおかげでなかなかの受け具合!
そして吹きながら会場を歩いたのだけど、お客様はとても喜んでくれました。
そうです!お客様の喜んでくれる顔が何よりなんですっ!嬉しかったなぁ!

今回も沢山の出会いがありました!
コンサートでご一緒した、フルートの陳さん(この夏にも来日、とても楽しい方です)、宮崎さん(台湾の国家交響楽団で活躍中の若き日本人女性)、ピアノの周さん(彼女とは二回目)、通訳の楊さん(彼女にはメールの翻訳なんかもお願いしてます)、平興中学校の先生方や生徒さん、楊梅のコンサートでお世話になった方々、台北のコンサートでお世話になった方々、ホテルのスタッフの方々、学校の学生達、そして山路先生(先生には何から何までお世話になりました)。まだまだもっと沢山の方々に出会う事ができました。
皆さんには本当に親切に接して頂きお礼の言葉さえ見あたりません!
ありがとうございました。m(_ _)m

観光旅行でもそうだけど、知らない土地での新しい出会いは、僕にとっては心の栄養です!
地球上で同じ時間を過ごしている人々。
その人々の考えや想いを少しだけでも知ることで、自分を見直す事ができ、他の国々への理解も深まる。
だから僕は海外旅行が好き!
これからも時間があれば、いろんな所に出掛けてみたいと思っている!

今日はこの辺で。
(写真は聖徳基督学院の音楽科の学生達)

2006年12月7日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 :

台湾報告 その1

帰って来ました。さすが日本!飛行機おりてから二十分で税関まで通りました。何やら嬉しいです。

さて、沢山の人に会い、すべてのメニューをこなしてまいりました。
つくづく思いました。
「音楽をやっていて良かった!」
中国語は話せず、英語ですらままならないのだけど、想いのたけを楽器に託し演奏する事で、心が通じ合えた事を感じました。
演奏している時に見えるお客様の顔。ジコヒイキかもしれないけど、喜ばれていたような…。
今回のコンサート、協奏曲以外は全て話をしながら進めるものでした(もちろん通訳つき!)
まあ いつもながらに‘くだらない’話のオンパレードだったのだけど、ちゃんと受けるところでは受けていたし、驚くところでは驚いてくれていたし(まあ、通話の楊さんの力のおかげですが)、そんなこんなで会場は和みまくり!

楊さんが帰りがけのお客様の話を伝えてくれるには「話があって面白いし、良かった」との事。
小さな女の子が差し出した紙には、演奏中の僕の姿が描かれていました。もちろん大事に持ち帰ってます。
うーん まだまだたくさん話したい事があるけど、今日はこの辺にしておきます。
ネタは大事にとっておかないと…!

(最初の大学でのコンサート。1、出待ち中の野平龍一さんほか。2、舞台の様子を見るステマネの学生)

台湾報告 その1

台湾報告 その1

2006年12月1日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 :